愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > 木の家 > 花粉症ですが、木の家に住んでも大丈夫ですか?

花粉症ですが、木の家に住んでも大丈夫ですか?

花粉症に関しては、木の家に住んでも問題はありません

木の家は花粉とは関係ありません

 

花粉症と木の家

花粉症は、スギやヒノキといった木の花粉がアレルゲンとなって引き起こされるアレルギー症状です。基本的には花粉にのみ反応するため、花粉が飛散する季節になると症状を訴える人が激増します。しかし、花粉のみに反応する人が大半ですから、花粉が飛散する季節以外は症状が現れることはありません。

 

木の家は、建材としてスギやヒノキの木材を使用します。花粉症の人は、スギやヒノキと聞くとアレルギーが出るのではと心配するかもしれませんが、木材から花粉が出るわけではないので、花粉症の症状が現れる心配はありません。これはスギやヒノキに限らず、どの木材でもいえることです。

 

アレルギーが出ないとは限らない

花粉症の心配はありませんが、木の家でアレルギー症状が出ないとは限りません。これは、花粉症だからというわけではなく、誰にでも言えることです。木の家の場合は花粉の心配はありませんが木の成分にアレルギーを持つ人がいないとは限りませんし、それが心配で新建材などを使ってもシックハウス症候群のリスクはあります。何にアレルギーが出るかは、住んでみないとわからない点もありますから、必ずしもアレルギーが出ないとは言い切れないのです。

 

花粉症の人はアレルギー体質

心配な点があるとすれば、花粉症があるということは、体質的にはアレルギーを起こしやすいという特性があるということです。現在アレルゲンとわかっている花粉がなくても、別のものにアレルギーを起こす可能性はどうしても他の人に比べて高くなってしまいます。そのため、花粉症の人が木の家に住んでも花粉症が悪化することはありませんが、別のアレルギーを起こす可能性はゼロではないでしょう。とはいえ、これは木の家に限ったことではありませんし、一般的には無垢材はアレルギーを起こしにくい素材です。花粉症だからといって木の家を敬遠する必要は全くありません。

 

まとめ

木の家は建材に木材を使用しているだけで、花粉が出るわけではないので花粉症が悪化する心配はありません。確かに花粉症のある人はアレルギー体質ということになるので何らかのアレルギーを起こす可能性がないわけではありませんが、それは木の家でなくても同じことです。無垢材そのものは、比較的アレルギーを起こしにくい素材なので、心配しすぎる必要はありません。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら