愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > 木の家 > 無垢の家に似合う、木の造作家具いろいろ。

無垢の家に似合う、木の造作家具いろいろ。

本棚や机といった造作家具は、木の家にはとてもよく似合います。

造作家具は空間を有効に使える上に、インテリアの面でも優秀です。

造作家具とは、いわゆる作り付けの家具のことです。家を作る段階で作ってしまうので、取り外しや移動は出来ませんが、スッキリと壁面などに収まります。何よりも、床や壁などと同じ素材で作ることが出来るため、統一感のあるインテリアになり、無駄な家具を置く必要がなくなることで室内を広々と使うことが出来ます。

 

  • リビング棚

リビングは、ちょっとした小物が多いため、どうしても散らかりやすい部屋のひとつです。造作家具で棚を作ることで、そうしたこまごまとした小物が収納でき、部屋が散らかるのを防ぐだけでなく、趣味のものを飾るインテリアにも使えます。本を並べて、アカデミックな雰囲気にするのも素敵です。

 

部屋の角などを使い、壁に埋め込むようにして作った机は、省スペースで使いやすいと人気の造作家具です。キッチンの奥に作って奥様のプライベートスペースにしたり、リビングの隅に作ってパソコンデスクにしたりと、ちょっとした机が便利なスペースはいろいろあります。子ども部屋があまり広くない場合でも、机と棚を造作家具にすることで、見た目がスッキリするだけでなく、机や棚を買う必要もなくなります。

 

  • 玄関収納

玄関は意外と収納があると便利なところです。たくさんの靴を収納するだけでなく、コートをかけたり傘や帽子、といったお出かけアイテムを一括して収納できるところがあると便利です。とはいえ、一般的な玄関にはスペースがないので、収納家具を置くといっても一苦労。最初から造作家具で収納を作っておくと、玄関周りがきれいにまとまります。

 

  • キッチンカウンター

キッチンは使い勝手の良さが問われるところです。また、リビングに面しているため収納が出来ればとても便利な面もあります。実際に使う人たちの希望を取り入れながら、使いやすいキッチンカウンターにすることで住みやすさがかなりアップします。

 

まとめ

造作家具は、スッキリした見た目以上に収納力などの使い勝手がよく、しかも床や壁と同じ素材を使うことで部屋に統一感をもたらすためインテリアの面でもとても優れています。家具を買い足すことを考えると、それほど高くつくわけでもないので、木の家を新築する場合は自分好みの造作家具を検討してみるのもよいでしょう。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら