愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > 木の家 > 無垢の家と相性抜群!今注目のパッシブデザインとは何ですか?

無垢の家と相性抜群!今注目のパッシブデザインとは何ですか?

パッシブデザインとは、少ないエネルギーをうまく使って快適な空間を作る住宅のことです。

パッシブデザインを取り入れた家が最近注目されています。

パッシブデザインとは、自然エネルギーを活用しながら、少ないエネルギーで効率よく部屋を暖めたりして、快適に過ごすことができるように作られたデザインのことです。太陽の光や、風など、自然のエネルギーを使ってエネルギー消費を抑えるもので、太陽光発電のように、自然のエネルギーは使うものの、電力を生産してそれを使うのとは違ってきます。

 

パッシブデザインとは

パッシブデザインの住宅にはいろいろな工夫がされていますが、代表的なものが断熱性の高い家です。冷暖房は、断熱性の低い家だと壁や窓から熱が逃げてしまい、それだけエアコンやヒーターをしっかり稼働させなければならなくなってしまいます。家の壁の断熱性を高くすると、それだけ家の中の冷暖房が効きやすくなるので、効率よくエネルギーを使うことができます。また、家全体の空気の流れを考えて、涼しい風を通すことで温度を下げたり換気をしたりして快適に過ごせるようになるのです。また、光を取り込む窓の角度や屋根の長さを考えることで、夏の日差しはさえぎりながら、冬は明るさを取り込めるようになります。冬は家の中の熱が逃げないようにしっかり断熱を行い、夏は強い日差しを家に入れずに風通しをよくすることが夏や冬を快適に過ごすポイントになります。

 

木の家との相性抜群

木の家はそもそも自然の快適さを家に活用するものです。そのため、自然のエネルギーを活かしてできるだけ電気やガスを使わずに過ごそうとするパッシブデザインは、木の家とは非常に相性がよいのです。木の家は断熱性が高く、調湿作用に優れているため、夏涼しく冬暖かいという特性があります。パッシブハウスも同じコンセプトの家なので、木の家は非常に適しているといえるでしょう。

 

まとめ

パッシブデザインの家とは、自然の力を活かして少ないエネルギーで快適に過ごせるように考えられた家のことです。断熱効果の高い壁を使って家の中の熱を逃がさず、窓から暖かい光を取り込むことで冬は快適にすごすことができます。また、庇の長さを工夫することで、夏の暑い日差しはさえぎり、風の通り道を考えれば夏の快適性もアップします。木の家はこうしたパッシブデザインとの相性も最高です。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら