愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > その他 > 雨楽な家から、未来型モデルが誕生!!気になる雨楽な家ZEHとは?

雨楽な家から、未来型モデルが誕生!!気になる雨楽な家ZEHとは?

雨楽な家ZEHは、自然と共に生きる雨楽の家から誕生した、エネルギー自給自足の家です

 

雨楽の家とは

雨楽の家とは、全国に会員を持つすぐやろ工務店会の推進する工法による住宅で、自然と仲良く暮らすというのがそのコンセプトです。雨はもちろん、太陽の光、やわらかな風など、すべての自然の恵みを楽しみながら暮らすことができる住宅を、という思いで誕生しました。日本人のもつ文化や、美意識の継承も意識されており、日本家屋独特の風合いが感じられるのも落ち着きを感じさせます。自然の素材を使い、職人の匠の技を使った住宅は、人にも自然にも優しく快適な暮らしが満足度を高めており、明るくて開放感があり、木の香りが感じられることが、雨楽の家の魅力なのです。

 

 

雨楽な家ZEHの誕生

雨楽な家ZEHは、自然と共生する雨楽の家に、エネルギーゼロ機能を持たせた住宅です。もともと雨楽の家は、日光の光で部屋を暖め、風通しを良くして涼しくするほか、無垢材を使った断熱効果などでエネルギー効率の良い住宅でしたが、さらに太陽光発電などを搭載することで使うエネルギーは自ら生み出す、エネルギー自給自足の家になりました。これが雨楽な家ZEHです。エネルギー消費の少ないローエネ住宅である雨楽の家だからこそ、大きな太陽光発電システムを使わなくても十分に消費電力を賄うことができます。自然と暮らす雨楽の家のコンセプトと、電力を自給自足する環境にやさしい住宅は完全にマッチしているのです。

 

 

売電と充電をうまく利用

とはいっても雨楽な家ZEHは外部からの電気を使用しない、というわけではありません。昼間は使用量以上の電力を発電するので、余った電力を売電し、逆に夜間は安い電力で充電を行います。そうすることで、売電と買電のバランスが取れ、結果的には年間の光熱費ゼロの住宅になることを目指しました。政府の推奨する「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」構想にも見合った、未来の住宅です。

 

まとめ

日本の気候に合わせ、日本人が自然の中で快適に暮らせるように作り出した雨楽の家。そんな雨楽の家から誕生した太陽光発電搭載の未来住宅が、雨楽な家ZEHです。夜間に外部の電力で充電は行うものの、昼間には余った電力を売電するので、年間の電気代がゼロになるように作られました。住む人にも快適で、環境にも優しい暮らしができるのが魅力です。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら