愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 最近の住宅事情・・・

最近の住宅事情・・・

皆さんこんにちは、社長の原田です。

最近の住宅事情・・・。

昔、家は腕のいい大工・いい仕事をする職人が造り、

木と土壁で造る丈夫な家で、皆が健康に生活ができました。

そこに大手企業が参入し一変しました。

プレハブや2×4といった、合板やビニールを使った

住宅・デザイン重視の住みにくい家が、日本建築の

文化になり、職人の腕の見せ所が無くなってしまいました。

しかし、最近になって、シックハウスや手抜き工事が

大問題になってきて、「住む人が病気になる」と

新聞や週刊誌にも取り上げられましたね。

最近、やっと本物の木の家(腕のいい職人が造る)が

見直されていることは、嬉しい限りです。


一覧に戻る

お問い合わせはこちら