愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 吉田松蔭の死生観

吉田松蔭の死生観


死は好むものでもなくまた憎むべきものでもない。世の中には、生きながら心の死んでいる者がいるかと思えば、その身は滅んでも魂の存ずる者もいる。死して不朽の見込みあらば、いつ死んでもよいし、生きて大業なす見込みあらば、いつまでも生きたらよいのである。つまり小生の見るところでは、人間というものは、生死を度外視して、何かを成し遂げる
心構えこそ大切なのだ 。これは、私の尊敬する吉田松蔭が高杉晋作に教えた死生観です、こんな心構えを持って生きたいものです!

一覧に戻る

お問い合わせはこちら