愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > OB施主様宅写真撮影

OB施主様宅写真撮影

一年前に知多郡阿久比町で建てた「雨楽な家and」平家の写真撮影をさせてるもらいました。

まもなく、ホームページの施工例に掲載されますが、先行して、この家の紹介をさせて戴きます。雨「楽な家and」なので、大壁で柱は見えません(お施主様が洋風希望のため)が、あまり主張しすぎないように、無垢の木も見せた方がいいのでは?という提案を取り入れていただき、天井は無垢の杉板、梁と8寸の大黒柱を表わしにしました。壁にはクロスを貼りましたが、寝室の壁だけは、漆喰塗りにしまして、自然素材も取り入れました。...木の家は好きだけど、ちょっと木の印象を抑えたいという声に応えて、柱を隠した大壁造りにしました、天井や床、柱などの木目を見せ過ぎず壁紙を増やすことで、程よく好みの空間を造る。...というコンセプトで設計にかかりましたが、OB施主様宅などを見学しているうちに、見せる木の部分が増えていき、いい感じに仕上がりました。...

お客様が「ゆっくり過ごしたい」とこだわったのが4帖の洗面室と、そこから出入りできる4.8帖のテラス。使い勝手のいい洗面台と、大工さん手造りの木のカウンターが便利です。テラスはタイル貼りで使いやすく、光を通す屋根と適度な目隠しで、天気や外からの視線を気にせず洗濯物を干すこともできます。17帖の広々としたLDKがこの家の中心です。開放的な吹抜けを見上げると、表わしの梁と天井の杉板の天然の鮮やかなストライプを魅せます。

...今までとは、少し違ったタイプの雨楽な家...こんな感じの、雨楽な家もなかなかいいです。...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら