愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > 無垢の家 > ガルバリウム、サイディング、塗り壁、杉板。無垢の家に似合う外壁には何がありますか?

ガルバリウム、サイディング、塗り壁、杉板。無垢の家に似合う外壁には何がありますか?

外壁に何を使うかで、家の外観はかなり左右されるので、無垢の家に似合うものを選びましょう。

どんな外観と合わせても素敵な無垢の家

無垢の家は、比較的どんな外壁ともよく合います。レンガ風のサイディングにしてナチュラルな感じに仕上げたり、外も無垢の杉材を使う、という人もいます。

 

ガルバリウム

ガルバリウムとは最近注目の素材で、アルミニウムと亜鉛とシリコンから成るめっき鋼板です。耐久性に優れており、あらゆる用途に使える便利な合板になります。錆に強いということで、建材として半永久的に使える、などといったうたい文句にすることがありますが、そこまでメンテナンスフリーというわけでありません。とはいえ、丈夫な素材であることは確かですし、木の部分と組み合わせることでナチュラル&モダンな雰囲気を醸し出すこともできます。

 

サイディング

サイディングは工場で作成したパネル状の壁材です。現在の日本の住宅では特に多く使われており、低コストで工期が短く、耐火性などに優れているなど、メリットの多い外壁です。様々な種類のサイディングが作られており、デザイン性も高いのでお洒落な外観にしやすいのがメリットです。無垢の家との相性が特に良いというわけではありませんが、コストが抑えられるので、内装で割高になりがちな無垢の家ですから、外壁はコストを抑えたものを選ぶのも一つの方法でしょう。

 

塗り壁

モルタル塗りも、日本の木造住宅でよく使われていましたが、職人が手作業で塗っていくため時間がかかり、サイディングが多く使われるよういなったこともあって、徐々に減少傾向にはあります。無垢の家とは相性は良いのですが、ややコストが高くつくのがネックです。

 

杉材

木の外壁はそれほど多くないのですが、その中でもよく使われるのが杉材の外壁です。色が黒くなるなどの経年変化はありますが、それを味わいととらえられるのであれは非常に丈夫で長持ちです。もちろん無垢の家との相性も抜群で、内装も外装も無垢に、というこだわりのある人には良いでしょう。

 

まとめ

無垢の家は基本的には内装に無垢材を使う、ということなので、外壁が何でも特に問題はないでしょう。ただし、せっかくのナチュラルな雰囲気を活かしたいのであれば、サイディングではなくガルバリウムやヌリカベ、杉材などを使ったほうがしっくりくるかもしれません。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら