愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > 無垢の木 > 無垢の家で木の節をよく目にしますが、節は木の強度に影響しないのでしょうか?

無垢の家で木の節をよく目にしますが、節は木の強度に影響しないのでしょうか?

無垢材で節がないものはほとんどありません

ある程度の節はあるのが当たり前です。

無垢材を使うと、どうしても木の節は現れます。その密度は木の種類などによっても異なりますが、無垢材である限り、ある程度の節が現れるのは仕方のないことです。最近では、適度に節があるほうが無垢材らしくてよいという人も少なくありません。確かにこの木の節は、いかにも「木」といった感じになるので、味があるというのもわかります。しかし、気になるのはこの節があることで、木の強度が下がったりはしないのかということでしょう。

 

気にするほどの強度の劣化はない

確かに木の節がない部分に比べて、木の節の部分は木の成長が均等ではなかったりするため、強度が下がることはあります。しかし、その一方で木の節の部分は非常に硬く、そう簡単に割れたり折れたりすることはありません。木の節で注意しなければならないのは、それが死に節か生き節かというこということ。生き節とは、生きた状態の節で、組織もつながっているので全く問題はありません。一方の死に節はその周囲との組織がつながっていないため、強度が劣り、節が抜け落ちてしまうこともあります。特に大きな節や節が固まっている部分は注意したほうがよいでしょう。とはいえ、一般的に建材に使われているのはしっかり基準を満たしたものなので、それほど心配することはありません。

 

節を埋めることも

節に穴が開いている場合は、節埋めをすることがあります。節穴を整えて、棒を差し込み、出っ張っている部分を削ってしまうことで、穴はきれいに埋まります。その後塗装をすれば、素人目には節があったことがわからないほどです。強度の点では節がないものに比べると劣りますが、穴が開いている状態よりはよいでしょう。

 

節のない無垢材はあるの?

確かに節のない無垢材もありますが、数が少ないこともあって非常に高価になります。それで家を建てるとなると、費用が倍ほどかかってしまうので、現実的ではありません。節があっても通常の住宅建材としては問題ありませんので、無垢材の味ととらえて使うのがよいでしょう。

 

まとめ

無垢材にはどうしても木の節がありますが、よほど大きな節だったり、穴が開いていたりしない限り、それほど強度が劣るわけではないので、心配することはありません。むしろ、味のある無垢材らしいところだと考えて、その表情を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら