愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > その他 > 無垢の家にメリハリをつける!スキップフロアの活用方法5つ。

無垢の家にメリハリをつける!スキップフロアの活用方法5つ。

スキップフロアを活用することで、遊び心のある空間にしたり、敷地を有効活用することが出来ます。

 

スキップフロアの活用法

スキップフロアとは、段差をつけることで空間を有効に利用したもので、中二階などがそれにあたります。無垢の家はシンプルになりがちですが、こうしたスキップフロアを活用するのもよいでしょう。

 

リビングに続く和室を一段上げて収納を確保

リビング脇に和室がある間取りはよくありますが、その和室部分に高さをつけることで、床下の部分が広い収納として使うことができます。また、和室とリビングの間に壁をつけることなく空間を区切った印象になるので、開放感は確保されており、リビングを広く感じさせます。

 

中二階にリビングも2階も見渡せるスペースを

リビングが見渡せる中二階にママのスペースを作れば、リビングが把握できるだけでなく、2階で遊ぶ子供たちの姿も確認出来て安心です。いつでも声をかけることができ、子供たちもママの気配が感じられるのでのびのび遊ぶことができます。

 

丘陵地を活かして段差を楽しむ家に

丘陵地はどうしても床をフラットにしようとするとデッドスペースが出来てしまいます。この立地を生かして、段差に合わせたスキップフロアにすることで、動きのある空間になり、床を下げた部分の天井が高くなるため室内に開放感が生まれます。

 

狭い敷地でも広く見せる

狭小住宅の場合でも、スキップフロアでさりげなく部屋を区切ることで、広々とした空間に見せることができます。さらに、段差をつけることで収納スペースが取りにくい狭小住宅でもしっかりと収納を確保することが可能です。

 

リビング脇に掘りごたつの空間を

掘りごたつに憧れる人は多いですが、実際に床に穴を開けて設置するとなると躊躇してしまうものです。ステップフロアを活用すれば、リビングの脇に一段上がった和室スペースを作り、そこに掘りごたつを設置することもできます。掘りごたつ以外の床下は収納にもなるので、とても便利です。

 

まとめ

わざと段差を作ることで、空間に動きを持たせて個性的なデザインの住宅にすることができます。こうしたスキップフロアは、段差の部分が収納になったり、広い印象をキープしながら部屋の仕切りの役割を果たすため、敷地よりも広い家に見せることも可能です。

無垢の家のオリジナリティを出しつつ、住みやすい家にするためにも、取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら