愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 建物本体の性能

建物本体の性能

 建物の性能を考えるうえで、わすれてはならないものは、断熱材です。今一般的に使われているものは、グラスウール50mmとか100mmとかです。ここで注意してもらいたいのは、100mmとかいう厚さではなく,K値と呼ばれる密度(熱貫流率)を見てほしいのです、今流通しているものは、K値10のものが多いようですが、本当に断熱性能をかんがえるならK値25ぐらいのものを使いたいものです。・・・もちろんコストの問題もからんできますが・・・個人的にはポリスチレンフォーム厚50ぐらいものを使いたいです・・・
  注)屋根、壁、床等使う場所によって適正な厚さは違ってきます。

一覧に戻る

お問い合わせはこちら