愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 睡眠の質にこだわった寝室づくり

睡眠の質にこだわった寝室づくり

雨楽な家のお施主様からぐっすり眠れるという話をよく聞きます、それは、無垢の木(桧、杉)や漆喰など、素材の効用であるという話を、先日しました(もちろんそれは一番大きい要因ですが)が、今日はもっと掘り下げて、ぐっすりと眠るための、寝室について考えて見たいと思います。

寝室の環境で睡眠の質は変わる。毎日しっかりと睡眠時間を確保していても疲労が抜けない時は、寝室の環境に問題があるかもしれません。眠るための環境は、睡眠の質に大きく影響します。明るすぎたり、物音がうるさかったりするような寝室では、脳への刺激から眠りにつきにくく、また寒すぎる暑すぎる環境も、質の良い睡眠が得られにくいです。しっかりと身体を休めて、一日の疲労を回復させるためには、リラックスして眠りにつけるような寝室の環境をつくることが重要です。

環境づくりのポイントは、(空間)、(光)、(音)、(温度湿度)だそうです。

...空間...寝室は、安心して眠りにつき、休息をとる場所なので、デスクを置いたりして、書斎と兼用することは避けましょう。テーブルやテーブルスタンドのみ設置して、余分な物は置かないようシンプルにしましょう。

...光...明るすぎても、暗すぎてもいけません、うっすらと物が見える程度の明るさが理想的です。

...音..外部からの音が気になる場合は、インナーサッシを取り付けたり、最近では、防音性能を持ったカーテンなどもあるので、用途に合わせて選んでみましょう。

...温度湿度...

寝室の理想な温度は、夏は25度、冬は、18度で、湿度は、年間を通して50〜60%です。エアコンの設定温度では、冷房は25〜28度、暖房では、18〜22度が目安になります。

雨楽な家は、もともとこだわりの家なので、何にこだわってもいいんです、車、バイク、釣り、洗濯etc...質の高い睡眠(寝室)にこだわるのもいいのかも...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら