愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 軒のある家

軒のある家

軒とは一戸建て住宅の屋根のうち、外壁や窓、玄関などよりも外側に出っ張って突き出ている部分のことを言います。建物よりも突き出ているため、この部分が雨や日差しを遮り、建物を守る傘のような役割があります。1.軒の先端部分を軒先 2.軒の下部分のバルコニーなどの空間を軒下 3.軒部分の下の面を軒天と言います。最近ではシンプルな陸屋根を採用する建物も多く、軒がほとんどないものも珍しくありません。軒がない分コスト削減やシンプルでモダンなデザインにすることができますが、軒があるかないかで建物の耐久年数に大きく影響する重要な設備です。

軒は深い方がいいは間違っている、適切な軒の深さとは?

軒の機能を最大に活かせる深さは90センチ、約半間といわれます。地域の降雨量や建物の高さなどにもよりますが日照角度を考えると、理想的な深さ。それを超えると次のようなデメリットが生じてしまいます。

1.耐風性が弱まる。

風を逃がすことができずダイレクトに受けてしまうため屋根の劣化が心配されます。

2.居住面積が狭くなる。

軒を深くすると居住スペースは狭くなりデザインのバランスが悪く見えます。

3.工事費が割高になる。

深ければ深いほど施工費用や材料費がかかるため工事費が高額になります。...雨楽の本部が発行している冊子urac12月号から抜粋しました。..もう読んでいる方もいるかもしれませんが、読んでない方もいると思い、大事なことなので、あえて書きました。...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら