愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 吹き抜け

吹き抜け

ロフト、ウッドデッキと共に雨楽な家ては、設計上大事なポイントであり、特徴でもあります。そもそも吹き抜けとは一般的には建築の1階から数階に渡って天井がなく上下がつながっている空間のことわをさします。

上層と下層の階を連続させることで、空間に広がりを持たせ採光を取り入れ、風を通りやすくする他、空間を広く見せる効果があります。

吹き抜けの最大のメリットは、開放感のある部屋にできることです。吹き抜けをつくることにより、1階と2階のスペースが連続するわけですからそれに伴い自ずと天井が高くなります。吹き抜けをつくることにより視覚的に広く感じさせることができるため圧迫感のない快適な部屋をつくることが出来ます。特に都市部で敷地が狭い場合、吹き抜けをつくると空間を広く見せることができるようになります。また吹き抜けをつくると、抜けた2階の壁に窓を設置することになりますから吹き抜けをつくることにより、自然と室内が明るくなります。吹き抜けをつくることにより部屋の奥の方まで自然光を取り入ることが出来るようになります。

では、デメリットは、当然ですが、吹き抜けをつくることによって2階の家スペースが削られます。吹き抜けをつくることにより音が筒抜けになる。...これは、常に家族の存在を身近に感じられると言うように考えれば、メリットになるかも...

雨楽な家では、小さな家でも吹き抜けを積極的に設計に取り入れています。..諦めず相談してください...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら