愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 子供の五感を育てる木の家

子供の五感を育てる木の家

自然素材の家で感性と想像力を育てましょう。

五感とは...聞く、味わう、触れる、視る、嗅ぐ、です。

乳幼児期に[根]を伸ばすとは、聴覚、味覚、触覚、視覚、嗅覚の五感を発達させ、感性を豊かにすることです。子供は生まれて1歳までに脳の働きが活性化します。素足で無垢の木の床を歩く、木のおもちゃで遊ぶ、庭で土遊びをする、台所で料理の匂いを嗅ぎ、生活音を耳にする...といった日々の生活から五感を育みます。コミュケーション能力は、家族間のコミュニケーションによって養われます。だからこそ子供たちにとってよりよい住まいを提供することが大切です。

木、石、紙、畳、土などは独特の香りや肌触りがあります、豊かな感性や表現力を育てます。

無垢の木の床は温かい足ざわり、皮膚感覚、運動能力を育てます。

家族でワイワイ自然素材のお手入れを楽しみます、創意工夫で創造力を育てます。

どろんこ、水遊び、虫採り、木登り、日光を浴びて自然の中で遊ぶことで、鋭い観察力、好奇心を育てます。

...我々が提供している、自然素材本物の木の家には、こんなコンセプトも...



一覧に戻る

お問い合わせはこちら