愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 造作家具材料選び

造作家具材料選び

(株)山西さんのフェアに建築中のお施主様と行って来ました。ほとんどの設備メーカーがブースを出しているので、設備機器の確認をしてもらいました。雨楽な家のお施主様は、木が大好きという人ばかりなので、一番楽しみにしているのが、造作家具(ダイニングテーブル)の天板(無垢の板)選びです、スタッフの意見を聞きながら楽しそうにでも真剣に、杉、ケヤキ、ヒノキetc色々な材種や形、寸法などを確認しながら選んでいました。スタッフの勧めもあってケヤキの無垢板を選ばれました後は、現場で棟梁が、ダイニングテーブルとして仕上げます。見学会をさせていただくお礼として、プレゼントしています。..無垢の木表しの家には、こんな無垢の木の家具が良く合います...

.,ケヤキの特徴...

木目が美しく、磨くと著しい光沢を生じる。堅くて摩耗に強いので、家具、建具等の指物に使われる。日本家屋の建築用材としても古くから多用され、神社仏閣などにも用いられた。現在は高価となり、なかなか庶民の住宅には使えなくなっている。

...雨楽な家を検討中のお客様も多数来ていただきました。ありがとうございました!...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら