愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 地盤調査

地盤調査

住宅を建てる前に必ず必要なのが、地盤調査です。軟弱地盤であれば地盤沈下や不動沈下などの被害の恐れがあり、地盤の補強や改良が必要となります。住宅の地盤調査で、もっとも多く採用されているのは「スウェーデン式サウンディング試験」という方法です。細長い槍のような棒を機械で回転させながら地盤に押し込んでいき、一定の深さを押し込むのに何回転したかを測定して、地盤の強度を調査します。少しの回転でスルスルと棒が入っていくのであれば軟弱、逆にたくさん回転しないと入っていかないのであれば強い地盤となります。測定したデータは専門家により解析され、地層の傾斜、強度特性の変化などを立体的に把握することにより、被害を未然に防ぐ対処方法を見つけることができます。。予算に関わる地盤調査は早くしたいと考えがちですが、実際に建築する平面図をもとに四隅を含む4ヶ所以上のポイントを調査しなくでは意味がありません。

他の、おもな地盤調査方法

標準貫入試験(ボーリング)...ロッドの上に重りを落下させて地中にめり込ませる方法。土のサンプリングもでき正確な調査ができるが、機械が高さ5m、直径3mと大型で調査時間と費用がかかるので、一般の木造住宅ではほとんど使われていません。

表面波探査法...地表から地中に向けて振動波を発信し、地盤の固さを調べる方法。スウェーデン式と同様5ポイントを測定する。機械はコンパクト。費用は、ボーリングよりは安価で、スウェーデン式より高い。

...雨楽な家では、スウェーデン式サウンディング試験を採用しています...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら