愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

構造体で最も重要、木表しで、最も、見せ所となるのが「梁」です。家の屋根を支える骨組みを小屋組みといい、伝統的な和風建築で最も普及している組み方を和小屋といいます。梁は、土台に建てた柱の上に、屋根のてっぺんになる棟木と直角方向に渡して屋根を支える部材です。中世には、天井を張って小屋組を隠すようになりましたが、寺院建築や城郭、古民家など天井を張らない造りでは、装飾的な梁や、太い自然木を使用した曲がった梁などを今日でも見ることができ、和の建築の魅力の一つとなっています。和小屋の梁は水平に組みますが、軒桁から棟木の方向へと、勾配に添って登るように組むのが登り梁です。近年では、大壁の家でも、リビングなどの設計として、梁見せ天井などと呼ばれる、梁を見せるデザインの人気が高まっています。吹抜けの開放的な空間が得られ、なかでも登り梁は仕上がりがすっきり見えるため好まれているようです。

...私個人としては、真壁で、構造材を兼ねて、古民家に使われているような味わいある太い梁が理想ですが...飾りとして取り付ける「みせ梁」も、悪くはないと思いますが...実際に施工したこともあります。

一覧に戻る

お問い合わせはこちら