愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 料理好きにおすすめ、コの字型キッチン

料理好きにおすすめ、コの字型キッチン

キッチンの形状には、シンクとコンロを一列に配置したI字型、コーナーを使ってシンク.コンロを直角に配置したL字型やコの字(u字)型、独立した形状のアイランド型などがあり、それぞれに使い勝手が異なります。その中でも料理好きには、コの字型をおすすめします。コの字型は動線が短く、作業効率も理想的です、自分だけのお城のように感じられ、料理にも集中できます。

他のキッチンの特徴

I型キッチン...コンロからシンクまでが横一直線に並んでいるキッチンのことです。一般的な住宅で一番よく使われているのは、対面キッチンです。1番のメリットは、キッチンの手元を隠すことができます。キッチン前にカウンターができるので、セミオープンキッチンと言われています、キッチンまわりの生活感やゴチャゴチャ感を隠すことができるのは主婦にとっては嬉しいことです。キッチンにいながらダイニングに座っている人と問題なく会話できるのもメリットです。ただ、複数で料理をする時は、導線が重なり動きにくいという部分もあります。

L型キッチン...その名の通りキッチンをL字型に曲げ、シンクとコンロ部分が直角で向かい合うキッチンのことです。L型キッチンはI型キッチンより大きいので、存在感があり作業スペースがとりやすいキッチンです。L型になっているので移動が楽なのが特徴、広いスペースで効率的に料理をしたい方にオススメです。ただ、L型キッチンにはコーナー部分があり、そこがデッドスペースになり収納が使いにくいです。

アイランドキッチン..キッチンと壁が接する部分がなく、島のようにあるキッチンのことです。とても開放感があり、人とコミュニケーションをとることが簡単にできます、キッチンのまわりを動きやすく、ダイニングテーブルへ料理を運ぶ時など短距離で移動することができます。ただ、アイランドキッチンを設置する際、とても広いスペースが必要になるため、LDKが広いことが条件になります。そして、手元が丸見えで、キッチンの上を常に綺麗にしておかないと生活感が丸出しになり、アイランドキッチンの良さが軽減してしまいます。

...それぞれのキッチンの特徴を理解した上で設計に取り入れましょう...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら