愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > ヒバってどんな木?

ヒバってどんな木?

木曾ヒノキ、秋田スギ、青森ヒバと日本の三大美林に入っているヒバですが、ヒノキやスギに比べて知名度は低いと思います。では、ヒバってどんな木なの?

漢字で書くと、「檜葉」と書きます。檜葉(ヒバ)は、ヒノキ科アスナロ属に分類され、檜(ヒノキ)とは別の分類の木です。檜に似ていることから、「アスナロ」は、「明日(は檜に)なろ(う)」が由来と言われています。青森ヒバは、学名をヒノキアスナロと呼び、従来のアスナロの一変種とされています。1901年に北方のアスナロ属は南方のアスナロ属と違いがあるということで、発見されました。青森を中心としたヒバをヒノキアスナロ、木曽地方を中心としたヒバをアスナロと呼んでいます。

...ヒバ(青森ヒバ)の魅力と特徴...

1.高い抗菌、消臭効果

青森ヒバから多く抽出されるヒノキチオールという精油には、カビなどの菌に対抗する抗菌性があります。さらに、雑菌から出る匂いを防ぐこともできるので、消臭効果もあります。そのため、青森ヒバはまな板などに使われることも多いのでです。

2.高い防虫性

ダニやシロアリ、蚊を寄せ付けないという効果があり、建造物にとって非常に有用な木と言えます。青森ヒバは腐りにくく、歴史的な建物にも多く使用されています。

3.リラックス効果

ヒノキチオールという精油はストレスを和らげ、リラックスさせる効果のある成分が含まれています。ヒノキチオールは、もちろんヒノキにも含まれていますが、実はヒノキよりもヒバに多く含まれて、香りは森林浴をした時のような、開放感を与えてくれます。

...ヒバは、ヒノキ科アスナロ属、ヒノキはヒノキ科ヒノキ属です、同じヒノキ科なので、その特徴も似ているのは当たり前ですね...建築材料としては、土台などによく使われます...ヒバを使った歴史的建物は、中尊寺金色堂が有名です...




一覧に戻る

お問い合わせはこちら