愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 薪ストーブは格別

薪ストーブは格別


暑かった夏が遠ざかり、少しづつ寒くなってきました、そろそろ暖房が必要な季節になってきました。暖房の方法はいろいろありますが、薪ストーブのぬくもりは家全体を包み込み、身体に染み込むような暖かさが特徴です。家族の集まる場所に置いた薪ストーブはすまいの「中心」になるでしょう。揺らぐ炎の前で過ごすくつろぎの時間は心を癒し、ストレスを解消してくれるでしょう。しかし、薪ストーブは、その管理が重要になります。まずは薪の確保。冬季シーズンに利用する薪をストックする場所が必要です。薪小屋があると理想です。薪の入手は販売店からの購入も可能ですが、原木を入手して薪割りをするのも薪ストーブライフの醍醐味です。また、煙突の掃除も欠かせないメンテナンスの一つですが、これは危険を伴う作業になるので、専門業者に任せることをお勧めします。手間がかかる薪ストーブですが、冬が待ちどうしくなる魅力を持っているのは間違いありません。...「雨楽な家」は薪ストーブが似合うので何軒か施工させていただきました。お施主様のご好意で、実際に完成見学会の時に、体験もさせていただきました。2月のかなり寒い日でしたが、家のどこにいても暖かく本当に身体に染み込むような暖かさでした。また、炎を見ていると本当に癒されます..これは、本当にお勧めです。当日、薪ストーブ屋さんが薪ストーブで、ピザを焼いてくれました、普通の冷凍ピザでしたが一味違う美味しさでした。薪ストーブで煮込んだ料理は、味にコクがでて一味違うそうです。これも魅力の一つになります...お施主様から聞いた話しですが、みんながいつの間にか暖かい火の回りに集まっていて、家族で過ごす時間が長くなりました...これも、思わぬ効用ですね...










一覧に戻る

お問い合わせはこちら