愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 北枕って縁起が悪い?それとも良いの?

北枕って縁起が悪い?それとも良いの?


風水ではその方位によって、東枕...朝早く目覚めることができる。南枕...元気になる。西枕...熟睡できる。北枕...直感がさえる。と言われています。科学的にはまだ証明されていませんが、実験によって実証されていることがあるそうです。それは東枕.南枕...目覚めが良く元気になる。西枕.北枕...寝つきが良く、熟睡できる。ということです。ですから枕の方角は、「寝つきが悪い人」や「不眠症気味の人」なら北枕や西枕にすれば良いでしょう。反対にもともと良く眠れて、「朝起きるのがつらい°」といったような人は、東枕や南枕にすれば良いと思いまず。ちなみに、北枕が縁起が悪いとされているのは、釈尊(お釈迦様)がなくなられたとき北枕だったため、「北枕で寝ると死ぬ」ということを信じる人が増えたからといわれます。家相風水で「北」は静かで落ち着きがあり、最も寝室に適しているといわれます。若い男性や年輩の男性の寝室がよいとされ、四季でいう「冬」を示し「思考」することに良い方角です。北枕の縁起の善し悪しは、現代では全くの迷信と言えます。精神が落ち着き、寝室にぴったりの北向きをもっと活用しても良いと思いまず。...














一覧に戻る

お問い合わせはこちら