愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 明るく開放的な吹き抜けのある住まい。

明るく開放的な吹き抜けのある住まい。


吹き抜けとは、家の1階から数階に渡って天井がなく、上下が繋がっている空間のことをいいます。上層と下層の階を連続させることで、空間に広がりを持たせ採光を取り入れ、風を通り抜けやすくしたり空間を広く見せる効果があります。また、空間全体に緩やかな繋がりを持たせることが出来るので、どこにいても家族の気配を感じることが出来ます。狭小住宅でも狭さを感じさせない工夫の一つとして、吹き抜けが利用されることがあります。寝室などプライベートな空間は狭くても良い、しかしリビングは広く作りたいといったケースでも利用されます。





吹き抜けのメリット...吹き抜けをつくると、2階の壁に窓を設置することになるので、自然と室内が明るくなります。吹き抜けを作ることにより、部屋の奥の方まで自然光を取り入れることができるようになります。吹き抜けのある部屋で上を見上げると、2階の天井まで見渡すことが出来るので、視線の抜けが良くなり、圧迫感を感じず部屋全体を実際の広さよりも、開放的で広く見せる効果があります。





...家を建てるなら明るくて開放感のあるリビングに憧れます。吹き抜けと言えば開放感で気持ちの良いもののイメージですが、逆に「無駄な空間」として評価されがちな吹き抜け。無駄な空間にならないように吹き抜けのデメリットを理解して改善に取り組みましょう...














一覧に戻る

お問い合わせはこちら