愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > 木の家 > 木の家で二世帯住宅を建てることはできますか?

木の家で二世帯住宅を建てることはできますか?

木の家で二世帯住宅を建てることはもちろんできます。

二世帯住宅も木の家を選ぶ人が増えてきています。

木の家は、住む人にとっても心地よく、インテリアの面からも人気の家です。フローリングの床は素足でも気持ちがよく、壁や天井などいたるところに木の質感を感じることで、気持ちも安らぐという人は多いでしょう。ナチュラルテイストのインテリアにも相性抜群で、爽やかな雰囲気になるのも人気の理由です。

 

そんな木の家で、二世帯住宅を建てる人も増えてきています。以前は木の家だと、間取りなどに制約があったり、エレベーターが設置できなかったりといった二世帯住宅を建てるうえでの難点があったのですが、最近は建築技術の発達などによってそれが解消されてきたことも、木の家の二世帯住宅が増えている要因といえるでしょう。たとえばエレベーターは、それ自体の重量がかなりあるため、鉄筋の住宅でないと設置できなかったのですが、最近は小型軽量化されたエレベーターができたこともあって、木造の住宅にも取り付けが可能になりました。もちろん二世帯住宅に必ずしもエレベーターが必要なわけではないですが、年配の方も一緒に暮らすという前提で作る住宅ですから、あればもちろん便利です。

 

二世帯住宅といっても、キッチンやトイレ浴室などもすべて一緒に使うことを前提として完全同居型もあれば、玄関も水回りもすべて別々にした完全分離型もあります。お風呂だけを共用としたケース、キッチンだけを共用としたケースなど、ライフスタイルによってそれぞれ異なりますので、両家族で相談しながらどんな世帯住宅にするのかを決めていくことが大切です。予算やスペースなどに余裕がある場合は、やはりすべての設備をそれぞれの家庭に作っておいたほうが、実際に住んでからのトラブルは少なくなるようですが、それもお互いの関わり方次第でしょう。木の家の二世帯住宅もいろいろな施工例がありますから、それらを参考にしながら、どの程度分離した二世帯住宅にするのか決めていくことをおすすめします。

 

まとめ

木の家で二世帯住宅を建てることはもちろん可能です。建築技術は年々進歩していますので、木造住宅でもエレベーターが設置できるようになったり、二世帯住宅も作りやすくなりました。しかも木の暖かい質感は、子どもからお年寄りまでみんなが快適に過ごす家にはピッタリではないでしょうか。

 

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら