愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > その他 > 木造軸組工法(在来工法)のメリット、デメリット

木造軸組工法(在来工法)のメリット、デメリット

間取りの自由度が高いのが木造軸組工法のメリットですが、デメリットもあります。

 

木造軸組工法とは

木造軸組工法とは、いわゆり在来工法で、現在増えつつあるツーバイフォー工法などと比べられることが多い工法です。日本では昔から使われていた工法であり、柱を立て、梁を交わし、筋交いをしてというふうに組み上げていきます。誰でも一度は建築中の住宅を見かけたことはあるでしょう。

 

木造軸組工法のメリット

 

1.自由度が高い

木造軸組工法は、図面に合わせて木材をカットして、柱や梁を組み上げていきます。そのため、柱と柱の間の幅や、間口をどこにどう持ってくるかなどは好きなように指定することができ、自由度が高いのが魅力です。もちろん構造上強度に問題がない範囲ではありますし、施工が始まったら変更は簡単にはできませんが、設計の段階でここをもう5cm長く、といった指定ができるのは木造軸組工法ならではです。

 

2.リフォームがしやすい

長く住む家だからこそ、将来的なリフォームも考えに入れておいたほうがよいでしょう。木造軸組工法の場合は、柱や梁によって建物の基礎が作られているため、壁を抜いて部屋を広くしたり、間口を広げたりといったことが、比較的簡単にできます。家の強度を壁ではなく柱に依存しているため、壁を取るといったことが可能なのです。

 

 

木造軸組工法のデメリット

 

1.工期が長い

あくまでツーバイフォー工法と比べてですが、工期は長くなります。工期が長くなると、その分大工さんの人件費がかかったり、工事中に雨や台風などにさらされるリスクが高まったり、仮住まいに住む場合はそこの家賃が余分にかかったりするため、工期の長さはデメリットといえるでしょう。

 

2.職人の技量による

木造軸組工法は、大工さんの技術によって仕上がりが変わります。どこにどんな木を使うのか、木目はどうすれば丈夫なのかなど、腕の良い大工に建ててもらうことで、家の強度は変わるのです。昔に比べて、熟練の大工さんが減ったと言われる現在、職人の技量によるところの大きい木造軸組工法に不安を感じる人もいるかもしれません。

 

 

まとめ

木造軸組工法は、昔ながらの日本の工法です。自由度が高いので、間取りなどにこだわりがある場合は、木造軸組工法のほうが適しているのではないでしょうか。大工さんの技量に頼るところも大きいだけに、信頼する業者を探して、じっくり設計からプランを練って納得の家づくりをするのがよいでしょう。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら