愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 米松と杉、どちらが良いの?

米松と杉、どちらが良いの?

雨楽な家では、梁に米松や杉を使いますが、どちらが良いですか。と言う声をよく聞きます。強度的には、米松の方が強く、外材の中では、良い木材で、梁材には向いていると思います。米松の欠点は、松の名がついているように、ヤニが多いので、見栄えがあまり良くないというところです、でもそれは、良い物を選んで使えば、木表しにしても、大丈夫です。

一方、杉の良い所は、木目と温かみのあることです。欠点は、米松と比べて、強度が落ちるため、米松と同じ強度を出そうとすると、米松より太い木材を使わなくてはならない、例えば、米松が300㎜なら杉では、350㎜のものを使わなくてはならないため、コストが少し高くなります。...私的には、杉の木目が好きなので、杉を勧めたいですが、これは、あくまでも、私の個人的な考えなので。...お施主様の中には、杉の木目が嫌だと言う人も、わりといます。

木表しには、米松はダメと言うわけではありません、米松の木目が好きと言うお施主様もおみえになります。雨楽な家では、米松の梁をかなり使っていて見栄えも良いです。

...米松と杉、お互いに長所、短所があるので、自分のニーズに合わせて選べば、問題はないと思います。...

では、

一覧に戻る

お問い合わせはこちら