愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > シックハウス症候群にならない家

シックハウス症候群にならない家

シックハウス症候群の原因は、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒドなどの化学物質です。新築の家を建てた人の中には、シックハウス症候群で、辛い思いをする人は少なくありません。頭痛やめまい、倦怠感など人によって様々な症状がでます。

天然木は、こうした化学物質を含まないので、天然木の無垢材を使うことでシックハウス症候群にならない家を建てることは、可能です。木の家は、シックハウス症候群になりにくいという説があり、これは間違いではありませんが、木の家ならなんでもいいわけではありません。例えば、合板は、薄い木の板を貼り合わせて作ったものなので、そこには、接着剤が使われています。その接着剤に含まれている化学物質も、シックハウス症候群の原因のひとつです、今の家では、合板を全く使わないというのは、非常に難しいと思います、雨楽な家でも、耐震性を高めるために、下地材に、構造用合板を使っていますが、必要最低限として、少量の化学物質なら、無垢の木(桧、杉)をふんだんに使って、その浄化作用で、化学物質を消してしまうことができます、前にお話ししました、お施主たちの、アトピーが治った、アレルギー体質が改善されたと言う声も納得できます。

シックハウス症候群にならない木の家を作るには、出来るだけ、無垢の木を使って、ホルムアルデヒドなどの化学物質が、発生しない家にすることが大切です。...ただし無垢材は、反りなどが生じやすく扱いが難しいので、腕のいい職人、信頼できる業者にまかせるこっが、大切です。...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら