愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 屋根は何が良いですか?

屋根は何が良いですか?

これもよく聞かれますが、雨楽な家では、陶器瓦かガルバリウム鋼板を勧めています、これは、耐久性を重視してのことです。

陶器瓦の最大のメリットは、メンテナンスが要らないという点です、瓦そのものに色が付いているため、色あせることはありません、とは言っても割れたり汚れたりした場合は、掃除や交換が必要です、最近は、和瓦だけでなく、色々なデザインの洋瓦もありますので、好みによって色々選べます。

デメリットは、一般的に言われているのは、重さです、そのため地震の影響を受けやすく、瓦がずれたり、落下してしまう可能性があります、台風などの強風によっても、同じことがおこる可能性があります。しかしこれは、昔の話で、今は、加工技術の向上により、軽量でデザイン性も良い防災瓦が普及しているので、これを採用すれば、大丈夫です。次にガルバリウム鋼板ですが、これについては、少し調べてみました。

ガルバリウム鋼板とは、アルミニウム55%、亜鉛43%、シリコン1.6%からなるアルミ亜鉛合金めっき鋼板です。

アルミニウムの特徴である耐食性、加工性、耐熱性と、亜鉛の特徴である犠牲防食機能により、従来の鋼板よりもさらに耐久性に優れ、あらゆる用途に対応できる画期的な鋼板...だそうです。

メリットをまとめると

1.錆に強い

2.長期耐久性が高い

3.軽いので、耐震性が高い

4.高いデザイン性

5.熱反射率に優れている

トタンに比べて、太陽熱の日射熱反射率が高く、特に夏季は、表面温度を抑制することができる。

6.耐熱性が高い

めっき層のアルミニウム含有率が質量で、55%と高いため耐熱性を持っている

5.と6.は、私も知りませんでした、どちらかと言うと熱には弱いと思っていました。

デメリットは?

1.初期費用が高い

これは、トタンなど従前の鋼板と比べてのことであってさほど問題ないと思います。

2.錆びにくいというだけで、絶対に錆びないという訳ではないので、海に近い地域、塩害に弱いと言われていますが、実際に中部国際空港の建物に使われているそうですし、雨楽な家でも、常滑の海の近くで何棟か建てていまずが問題ないみたいです。

私、個人的には、陶器瓦が好きです、陶器瓦は、存在感があり、外観の見栄えが良いからです。あくまでもこれは私の個人的な考えなので、自分のイメージに合うものを選べば問題ないと思います。

ただ陶器瓦は、4寸以上の勾配が必要でガルバは、2寸以下の勾配でも、施工可能なため、設計上の都合で、使えない場合もあります。

一覧に戻る

お問い合わせはこちら