愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 地盤調査

地盤調査

一般的には、戸建住宅には、スウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる試験が多く使われています。地盤の状況によっては、標準貫入試験(ボーリング試験)を要することもあります。雨楽な家でも、スウェーデン式(ss試験)を採用しています。

SS試験とは、一定の加重を掛けた試験機(スクリューポイント)を回転させ、25㎝貫入するために何回転するかを計測して地盤の固さを調べるものです、SS試験では、回転貫入時の音によって土質を推定しております、たとえばシャリシャリという様なら細かい粒子砂質土であるとか、ガリガリという様であれば、粒の大きい轢質層である等、おおよの推定が可能です。

ボーリング試験とは、一定の過重及び一定の高さから自由落下による打撃を与え、規定の試験機がどれだけの深度を貫入したかによって地盤の硬さを調べるものです。貫入層の土質も目視及び室内試験によって詳しく調べることができます。

硬質層の深さと中間層の固さを調べる為ならばSS試験で十分なデータは取れるといっても過言ではありません。

確かに、地盤補強工事が発生した場合には、ボーリング試験で土質も確実に調べておくことで、最適な改良工事を選択することも可能であることから、一概には言えませんが、大半の地盤改良工事は、SS試験のデータに基づいて設計及び施工されていますので、ボーリング試験ではなく、SS試験で済ませることによって、大きな問題が発生することは、あまりないと思われます。しかし、

SS試験の結果、かなりの軟弱地盤、特殊な地盤改良が想定される場合にはボーリング試験が必要な場合もあります。...この場合費用が、別途かかります。...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら