愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 木と漆喰

木と漆喰

雨楽な家といえば、無垢の木と漆喰が特徴です。木と漆喰の組合せの歴史は古く、日本では世界遺産に指定されている姫路城、別名しらさぎ城とも呼ばれ、漆喰の白が鮮やかです。姫路城などのお城をはじめ、日本家屋、蔵など、様々な建築物に使われています。鉄筋コンクリート住宅の登場で木と漆喰を組合わせた住宅は減少傾向にありました。近年、木の家の人気が高まるにつれ、木と漆喰の組合せの人気も復活しています。とはいえ、まだまだ漆喰の普及率は低いですが...。

なぜ木の家で漆喰が使われるのか?500年近い歴史を持つといわれ、世界各国で使われている、建築素材の漆喰には様々な特徴があります。

高い防火性

漆喰の主成分は、貝殻や珊瑚、卵の殻と同じ炭酸カルシウムという不燃性の無機質です。不燃性なので万が一、火事になったとしても壁が火を防ぎ、延焼を抑える効果があります。燃えやすいという特徴を持つ木を多く使う木の家にとって、漆喰が持つ高い防火性は大きなメリットといえます。財産を守る蔵に漆喰が使われているのも、納得です。

防カビ性

漆喰は消石灰などを混ぜた原料に水を混ぜて使いますが、主成分である炭酸カルシウムは水に溶けると強いアルカリ性になります。一般的にカビは、中性から酸性の広い範囲で生存が可能ですが、一方で、アルカリ性には強くありません。そのため、カビは強いアルカリ性を持つ漆喰に繁殖することができず、根を下ろすこともできないため漆喰の下まで浸透することもできません。カビは非常に繁殖力が強く、あっというまに木を腐食してしまいます。漆喰の壁は大切な木をカビから守ります。

汚れに強い

タバコのヤニやキッチンの油汚れなど壁に着く汚れの多くは酸性です。漆喰はアルカリ性の性質を持っているため、酸性の汚れを吸着しにくく、汚れがつきにくい特徴があります。また汚れがついた場合でも重曹や消しゴムで簡単に落とせることが多いです。漆喰は、白ですが、以前にも書きましたが、顔料を混ぜることにより、色をつけることができます。淡い色であまり濃い色は無理ですが...一般的には白い色であまりやらないですけどね...

漆喰は、木が持つ弱点をカバーする特徴や、木が持つ魅力をさらに引き出す特徴を持っています。...雨楽な家は職人が造る家なので、技術を要する漆喰塗りも得意です。...一つ一つこだわりを持って造りあげています。

一覧に戻る

お問い合わせはこちら