愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 暮らしをつくる階段

暮らしをつくる階段

家の間取りに大きく関わる階段の位置と形

皆さん経験があると思いますが、二階建ての間取りを考える時、階段さえなければ、良い間取りができるのにって...

二階建て以上の家には必ず必要な階段の役割は、ただ一階と二階を繋ぐだけではありません。その種類や設置場所が家の間取りづくりにも大きな影響を与えます。例えば、玄関と階段を廊下で繋げるスタンダードなものと、現在は主流になってきたリビング階段。この二つでも生活スタイルには大きな差がでます。階段の設置場所や種類のメリット.デメリットを理解しながら家族のスタイルに合ったものを選びましょう。

基本になるのは、直階段と折り返し階段の2種類。階段の種類には、かね折れ階段、らせん階段など様々なものがありますが、基本になるのは以下の2種類です。

直階段

一直線に上り下りする階段。占有面積が少なく、階段下を収納スペースなどにも活用できまず。面積が少ないと勾配が急になる場合があるので注意が必要です。踏板の下に何もつけないスケルトン階段にすると光や風をよく通し、開放的な印象になるのでリビング階段によく用いられまず。

折り返し階段

途中に踊り場を設け折り返す階段。途中の踊り場が落下する危険性を軽減してくれます。段数が増えるため、勾配も緩やかになりますが、直階段と比べるとスペースが必要になります。蹴込み板を付ける箱形階段にして、階段下のスペースを収納などに活用するパターンもよく見られまず。

階段の配置や周辺はどうする?

階段の位置や周辺に何を配置するかで、階段下のスペースをより活用できたり、階段に間仕切りの役割を持たせることもできます。ご家族の理想的な生活スタイルに合った階段はどんなものでしょうか。

中央に置いた階段を最大限にに活用

リビングとダイニングの間に階段を配置。玄関から二階へ上がるときにはリビングを通り、ダイニングとキッチンを見る動線ができます。そして、中央に階段を配置することで、玄関からキッチンが丸見えにならない利点があります。

背の低い収納を置いてスッキリとした空間に

スケルトンの直階段の下に背の低い収納を配置することで、空間に奥行ができてスッキリととした直線的な印象に。他の家具等と高さを揃えることで、空間をより広く見せることができます。

階段の下の空間を活用してトイレに

L字型のかね折れ階段の下の空間をトイレに活用。階段の上り口を玄関から逆の位置に設けることで、玄関の正面は壁面となり、スッキリとした印象に、二階のプライバシーも守られやすくなります。

プライバシーを守りながら適度に存在を感じられる工夫を

玄関土間からの直階段。土間とリビングの間仕切りをポリカで適度に透過。空間が明るくなり二階への上り下りをLDKからも確認できて安心です。

以上のように、階段の位置と形によって、色々なイメージを作り出すことができます。間取りを考える上で、階段は重要なポイントです。...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら