愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 無垢の桧.杉と暮らす

無垢の桧.杉と暮らす

コーティングされた傷のつかない床や柱もラクでいいけれど、家族と共に表情を変え、日々成長する、無垢の木と暮らすのはとても楽しいものです。...OB施主様の話しを聞いていて、そう思います。...

雨楽な家は無垢の国産材、桧,杉などを使用した、日本伝統の木造軸組(木表し)の家です。先日新規のお客様とOB施主様の雨楽な家(築7年)のお宅を見学させて頂きました。家の中に一歩足を踏み入れると桧の良い香りに包まれます。床や柱に手を触れると、さらっとした手触り。この気持ち良さからこの家に暮らすご家族は裸足で過ごすことが多くなったそうです。まっすぐに育つ杉は壁や天井などで豊かな表情を見せてくれます。杉には空気を浄化する効果もあり、いつも森林浴をしているようです。本当にぐっすり眠れるんですよって言っていました。走りまわる子供たちもうれしそうです。床に物を落とせばへこむし、キズもつきます、でもそれは、柔らかい自然そのままの姿だからです。手をかければキズは味に、磨いてあげるとツヤがでます。同じ材料を使っていても、家は異なる表情を見せます。住んでいる家族の顔になるのが、無垢の木の家です。...OB施主様のお宅を訪れるたびこんなことを思います...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら