愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > なぜ木の家は冬でも暖かく感じるのですか?

なぜ木の家は冬でも暖かく感じるのですか?

展示場や現場見学会でよく聞かれます、またOB施主様からは、冬は本当に暖かいといわれます。

人は足元から寒さを感じると言われています、冷え性の人は足のつま先の冷えを訴えることが多いですが、足は直接床に触れているため、寒さにとても敏感です。人の肌が直接触れる部分、特に床などは断熱の工夫が必要です。床の表面温度を上げることができれば、体感温度は高まります。木材の内部には、空気が通る隙間があり、無垢材はここに空気を蓄えることができるので断熱効果が期待できます。一方集成材は接着剤でプレス加工されているため空気の通る隙間がなく、この特徴が生かされていません。集成材でできたフローリングを素足で歩くと冷たい印象が残るのは、このせいでもあります。

日本の気候風土にあった最適な、無垢の木の家。

モデルハウスで温湿度に関する実験を行いました、1月下旬から2月上旬までの間、午後5時に室内に設置したエアコンをオフにして退出し、翌朝8時の入室時に玄関外と室内で温度と湿度を測定しました、室外の温度はー4度〜 0度の間ですが、室内は10度〜12度を維持しています。また室外の湿度は70%から85%の間ですが、室内は35%から50%を維持しています。このことから、無垢の木の家が断熱性と調湿性に優れ、冬も暖かく、快適な湿度を保ち、心地よく暮らせることが立証されています。また北国の地でも日本の気候風土には、木造軸組工法が最も適していることを証明しています。

雨楽な家が冬でも暖かい理由!

ベタ基礎採用、外壁、屋根、床は厚い断熱材で覆われている。

断熱性の高いサッシを採用、室内の熱を逃さない。

桧や杉の床板は断熱性が高いため、肌に優しいぬくもり感がある。

漆喰、和紙などの自然素材は調湿性が高いので、冷気が緩和される。

...雨楽な家は、豊かな自然素材を活かし腕利きの棟梁が匠の技で丁寧に建てる家です。...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら