愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 古民家再生、リノベうらく

古民家再生、リノベうらく

守りたい、残したい、と思う家。築150年以上経過した古民家があります。すでに子供たちはそれぞれ独立し、この家に住人はいません。それでもかつて、ここに暮らした家族の気持ちは、建物の再生へと向かいました。なぜなら、住まいは、それぞれの人生を映す鏡であり証だからです。家族のよりどころとして存在する、家。

そこには、親鳥の胸のなかに眠る雛のように、あたたかさと安心があります。だから、守りたい、残したい、と思える、家、となります。

風雪に耐えてきた古民家は、私たちに多くの知恵を与えてくれました。また再生して使えば住まいを100年以上維持することは決して難しくないということです。

リノベうらくとは、古民家はもちろん、普通の家

やマンションまで雨楽風(無垢の木や自然素材)にリノベーションすることです。...豊田市岩倉町で、築67年の民家を再生しました、リノベうらく(杉の厚板が薫る家)の、見学できます!...

興味のある方、連絡ください。案内いたします。

TEL 。052ー918ー8331

一覧に戻る

お問い合わせはこちら