愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 息づく伝統、漆喰壁

息づく伝統、漆喰壁

漆喰の塗り壁は調湿性が高いので四季を通じて爽やかに暮らせます。梅雨時も真夏も室内はさらりと気持ちよく雨の日も楽しい我が家です。

雨楽な家のOB施主様に、漆喰壁の感想を聞きました。...

「マンションに住んでいた時と比べて、雨楽な家は冬の窓ガラスの結露がなく、梅雨時でも収納の除湿剤が不要です。ビニールクロスは接着剤の匂いや素材感が嫌だけど、雨楽の漆喰壁は本物の質感が大好きです。温もり感のある穏やかな白さは何年たってもあまり変わりません。」雨楽な家はなぜビニールクロスを用いないかというと、防腐剤などの有害な化学物質が含まれた材料を使わず、自然界に元からあった天然の素材で家をつくりたかったからです。あとひとつは、日本には左官という優れた伝統技術を持つ職人がいます。なで、押さえ、磨き、あらしなど、コテの使い方、左官の腕ひとつで、様々な質感をつくることができます。家族が心身を休め子供を育てる家こそ、職人の手仕事でつくりたいのです。...!漆喰の壁材としての歴史は、5000年以上もあり、世界で最も安全な仕上げ材として世界遺産や国宝の建築物に使用されてきました。漆喰は昔から、呼吸する壁、と言われており、湿度を調湿してくれて家の中の嫌な臭いも、とってくれます。漆喰の主原料である石灰は、ph12.5という強アルカリ性で、ほとんどのカビやウィルスなどが生息できません。そのため、病院や学校、保育園、老人施設など、免疫力の弱い人が多く利用する施設や建物では、ウィルス対策としても使用されています。...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら