愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 書院造り

書院造り

先日、お客様から、書院造りとはどういうものですか?と聞かれました。その時、的確に答えられなかったので、説明します。...

部屋の一角を出窓のように縁側に張り出し、窓を設けて机を造り付けだ「出文机」(だしふつくえ)と呼ばれる僧侶の勉学の場が、鎌倉時代の「法然上人絵伝」に描かれています。室町時代以降、それは文房具や書物を飾る場となり、書院と呼ばれるようになりました。足利義政造営の東山殿の書院飾りを書き留めた古記録も残されています。安土桃山時代には床の間、棚、書院を組み合わせた座敷飾りが現れ、江戸時代には書院造りの座敷の形として定着していきました。

現代では、床の間のある座敷を設けても、正規の書院まで造る例は減少していますが、脇の小窓や出窓に障子をはめて部屋に自然光を取り入れ、飾り棚とする設計は多く見られます。また、床の間の脇にアルコーブといった空間を造り、明かり取りの障子窓と小机を備えて書き物や読書の場とする工夫は、書院本来の機能を取り戻す試みともいえます。このような空間は和風住宅に限らず、洋風を取り入れた現代住宅にあっても、暮らしの中の憩いの場となりそうです。

一覧に戻る

お問い合わせはこちら