愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 気になるもの紹介

気になるもの紹介

破れにくい障子「タフトップ」

普通和紙の障子は、張り替えの頻度は高く、お子さんのいる家庭では注意が必要です。「タフトップ」はレーヨン繊維を配合した和紙なので指で突いても破れません。見た目は通常の障子紙とほとんど同じで、障子本来のやわらかな紙の印象はそのまま。水に濡れてもほとんど強度が変わらないので、張り替えの祭も途中破れることなくきれいに剥がせます。また、剥がした後も建具の棧に和紙の繊維はほとんど残りません。



環境に優しく美しい紙の器「WASARA」

料理を美しく引き立たせ、豊かなあたたかい空気を創り出すような紙の器をつくりたいという想いから生まれたWASARA(わさら)。日本で古来より受け継がれてきた美意識や価値観がその発想の原点です。美しいフォルム、和紙のようなやさしい手触りの実現には職人技があってこそ。原料には成長が早い竹とさとうきびの搾りかすであるバガスを使用し自然環境のことも考えられています。自然素材の家に、こんな自然素材の生活用品...徹底的に自然素材にこだわるのも...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら