愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 耐震.制震.免震.どうちがうの?

耐震.制震.免震.どうちがうの?

よく聞かれます、基本的な違い、主な特長をまとめてみます。

耐震...地震エネルギーを建物の柱、梁といった主要構造の強度やねばり強さで耐える構造で、一般的に広く使われています。大地震では、人命の確保は可能だが、建物に被害が生じる可能性が高く、修復.継続使用が難しくなります。

制震...地震エネルギーを吸収する「制震部材」を建物に組み込むことで、地震発生時の揺れを軽減。柱や梁といった主要構造部材を損傷させないため、建物の被害が少なく、継続使用が可能になります。

免震...基礎と建物の間に、「免震装置」を設置することで、地震エネルギーの伝わりを遮断する構造です。大地震でも、建物の被害がほとんどなく、家具の転倒も少なくてすみます。

...当然、免震をおすすめしたいのですが、コストの面でかなり負担をかけるため、当社では、耐震(等級3)➕制震をおすすめしています...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら