愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 日本庭園

日本庭園

日本庭園は石、水、植栽を用い、限られた空間に自然の景色を造り出すものです。飛鳥時代に蘇我馬子が中島を持つ池を設けたのが庭園の始まりとされ、以降、平安時代の浄土式庭園、鎌倉時代の回遊式庭園、室町時代の枯山水庭園、安土桃山時代には茶の湯の露地と、さまざまな様式が生まれました。その造形美の傑作とされるのが江戸時代初期に造園された、桂離宮庭園です。江戸時代には全国に大名庭園が造られ、多くの名園が現在に引き継がれています。

和風住宅の居間や客間に面する主庭は、一般に和風の庭とされます。主に眺めて楽しむことを目的とするので、畳に座った時の目線の高さを考えて造園するのがポイントです。石や灯籠をアクセントにして、季節を感じさせる庭木を配し、地表面を苔類などの緑の植物や玉石などで覆うと、和風庭園の味わいが生まれます。庭に降りられるように沓脱き石、歩きやすいように玄関や裏口につながる敷石、目隠しの竹垣や袖垣を設けるなどの配慮も欠かせません。

...最近では、日本庭園どころか、普通の庭さえも造る方が少なくなりました。日本庭園や露地などの一部を取り入れて、簡易的な和モダンな庭ができないものが?...



簡単な...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら