愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 家族にとって丁度いいキッチンは?

家族にとって丁度いいキッチンは?

キッチンの形状は大きく分けてオープンキッチン、セミオープンキッチン、クローズドキッチンの3つ。料理に集中でき、臭いや汚れが他の部屋に影響しにくいクローズドキッチンも根強い人気ですが、開放的で料理中も家族とコミュニケーションが取りやすいオープン、セミオープンのキッチンが主流になっている様です。その家で暮らす家族の生活スタイルによって使いやすいキッチンも様々。家族みんなが心地よいキッチンを考えてみませんか?

キッチンに何をプラスするかは、使い勝手に大きく

影響します。

我が家のキッチンには何が必要なんだろう?

こだわって造り上げたキッチンも後で「あっ!」と気づくことがあります。現在感じている不便や家族の生活スタイルを考えて、打合せに活かしましょう。例えば...

何人で料理をするの??

システムキッチンに食器棚と冷蔵庫。1人だと使いやすいキッチンも2人で立つと狭くてすれ違えない、引き出しが全開できないとならないように、通路幅の計画を立てましょう、1m以上あると安心です。

冷蔵庫はどこに、どんなタイプを置く?

冷蔵庫の位置はキッチンの使い勝手を大きく左右します。扉は右開き、左開きどれを置くか。物の出し入れの頻度など、料理中だけでなく家族が使いやすいよう冷蔵庫の位置を決めましょう。

電源はいくつ、どこに必要?

便利なキッチン家電。購入したものの電源が使いやすい位置にないということも多くあります。ホットプレートや電気ケトルはここで使いたいなど、日常的に電源が必要な位置はどこか考えてみましょう



ゴミ箱はどこに置く?

案外忘れがちなのがゴミ箱置き場。住む地域にとってはゴミの分別が細かく、ゴミ箱が複数必要になります。ゴミ箱の位置をあらかじめ決めておくと、スッキリスマートな家事動線を確保できます。

パントリーはどう使う?

せっかく造ったパントリーも結局物置に...とならないらように、重い物を運びやすいよう玄関からも入れるようにしたり、カウンターを設けて家事室を兼ねるなど、日常的に使いやすいよう計画しましょう。

...上記のように、家族が心地よく過ごすキッチンの選択には、キッチン周りの計画が重要です。...設計打合せの段階でしっかり計画しましょう...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら