愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > OB施主様宅紹介

OB施主様宅紹介

3年前に知多市で建てて大好評だった、雨楽な家平家、を紹介します。

夫婦2人で暮らす終の住処(ついのすみか)に建てた平家です、リビングとキッチンを中心にどこにいても相手を感じて心のつながる設計になりました。ヒノキの香りに包まれ、漆喰の塗り壁の気持ちのいい空気感を存分に味わえる勾配天井は、とても開放感があります。

引き違いの玄関引き戸を開けると、どこか懐かしさを感じる3畳の土間と、そこから直接上がれる和室の落ち着いた空間、光を通す障子の建具と2色使いの和紙貼りの建具、琉球畳がモダンな和室でお客様のおもてなしもバッチリです。

リビングは材にこだわった大きな一枚板を2つに分けた無垢のテーブル、無垢のヒノキの床の心地良さを感じられる堀ゴタツの床座スタイルです。見上げると吹き抜けの天井には、たくましい梁が架かっています。窓からの暖かな陽に包まれて、のんびり過ごす場所です。

奥様こだわりのステンレスキッチンは対面式でお料理中も会話が弾みます、動線に沿って角度をつけたキッチンカウンターは機能的、背面には大工さん手造りの収納家具を設けて、たっぷり収納できます。ニッチも2つ造ってもらい、それぞれデザインを変えてアートの様な仕上がりにしました。水廻りもキッチンの横に直線に配置して使いやすい家事動線にしました。

リビングからのびる階段を上がると大きなロフト、収納力たっぷり、ちょっとした小部屋にもつかえます。

夏至と冬至の太陽高度を考慮した深い軒は、夏は日差しを遮り、冬は暖かな陽をリビングの奥まで運びます。雨の日も安心な深い軒に守られた、ご主人こだわりのウッドデッキは、半分を木の格子で目隠し、半分は庭に出られるように、プライバシーと開放性を両立させました、風の気持ちいい季節には、ウッドデッキでティータイム...いいですね...これ奥様の夢だったそうです...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら