愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 建築吉日

建築吉日

建築吉日とは、その名の通り、建築に関して吉とされる日のことで、さまざまな工事を始めるのに縁起が良い日とされています。縁起の良い日の決め方にはいくつかの方法があり、冠婚葬祭では主に、六曜(ろくよう)が使われますが、建築関係では、十二直(じゅうにちょく)が使われています。地鎮祭や上棟式など、建築の重要な節目には十二直に基づいて行うと縁起が良いといわれており、大工さんなどが利用している暦です。六曜と十二直では、同じ日でも、吉凶が違っていることもあります。建築関係では伝統的に、十二直の方が重視されてきました。六曜は一般の方にもなじみ深いものですが、十二直は知っている方が少ないかもしれません。十二直は、北斗七星のある方角をもとにして日取りの吉凶を占うものです。北斗七星の方角は十二支で表されるので、十二直も12種類あり、日常生活のあらゆることの吉凶が定められています。この中で、建築に関する吉凶が決められて建築吉日と呼ばれるものは、建、満、平、定、成、開、の6つです。

建(たつ)には、万物を建て生じる日という意味があり、建築関係では最吉日です。満(みつ)には全てが満たされる日という意味があり、地固めや柱立てをするのには吉ですが、土を動かすのは凶とされています。平(たいら)は物事が平らになるといわれている日で、穴掘り以外は吉となります。定(さだん)は建築や移転をするには吉で、成(なる)も物事が成就する日として建築で何かを始めるには良い日です。開(ひらく)は、開き通じる日なので建築や移転は吉とされています。

...この建築吉日は覚えておくと、結構使えると思います...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら