愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > ヒノキの特徴

ヒノキの特徴

雨楽な家てもふんだんに使っていますが、やはり無垢の木材といえば、ヒノキか、代表的なものでしょう。ヒノキは、建築材料として古くから使われてきました。日本最古の木造建築である法隆寺にもヒノキが使われています。1300年経っても、維持されているのは、それだけヒノキが強く建築材料として適しているということです。そして、耐久性と保存性が大変良い木材であるということがわかります。ヒノキの木は、ヒノキ科ヒノキ属、常緑針葉樹と言います。漢字では、檜または桧と表記します。材は、淡黄白色で、木目はまっすぐで狂いが少なくきれいな木目です。堅さは中くらいなので加工しやすいです。香りもよくて、保存性が高く、水にも強い木材です。日本と台湾に生息しています。乾燥した場所を好みます。日本では、たくさん植林されています。

...ヒノキの特徴をまとめてみます...

耐久性が高い...法隆寺の建材に使用され今も変わらず存在できていることからも、その耐久性の優秀さは伺えますが、さらに驚くことに、ヒノキは伐採直後から強度が増していくという性質があるということです。伐採から約200年後にピークを迎え、そこからは徐々に強度が低下していきます。それでも、一般の住宅用建材としては十分すぎるほどの耐久性があります。

木肌が滑らか...ヒノキは中心部分と外周部分の色の差がなく、ゆっくりと成長するために年輪の幅が狭いので、整った美しい木肌をしています。

抗菌性がある...ヒノキチオールというものを聞いたことがありますか?化粧品や育毛剤にも含まれている成分です。台湾ヒノキから発見されたヒノキチオールは、殺菌、抗菌力が強いことで知られています。しかし、これは国産ヒノキにはほとんど含まれていません。しかし、国産ヒノキにはアルファ.カジノールという化合物が多く含まれていて、これがヒノキ特有の香りのもとになっており、強い殺菌、抗菌作用があります。

...上記のことから、ヒノキが世界で最も優れた建材といわれていることが分かりますね...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら