愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 床材にこだわる。

床材にこだわる。


暮らしがどんなに欧米化しようと、家の中で靴を脱ぐという日本の文化はゆるぎません。家では素足で過ごす、これは日本人に会ったスタイルです。もしも我が家が天井の高い西欧的な空間で、靴を履いて生活するとしたら、考えるだけで違和感があります。室内で靴を履く欧米では、床は汚れて当たり前ですが、日本は素足の文化ですから床を清潔に保つ必要がありました。そして足ざわりの良い畳や板の間が好まれてきました。昔から日本人は、素足や足袋(たび)で、草鞋(わらじ)、下駄(げた)、草履(ぞうり)をはきました。靴の文化がなかったために、足の裏が敏感だったのでしょう。相撲、歌舞伎、能にも、摺り足の所作が多いといいます。摺り足は、足裏で床を確かめながら歩く歩き方です。自然と足裏の皮膚は強くなり、健康増進にも効果があります。日本人の暮らしにとって、素足と床材とは切っても切れない関係にあるのです。日本には床に座る習慣があり、武道を行う人は正座して精神統一をはかります。床を磨き上げることは、伝統文化を守ること。...上記により、「雨楽な家」の床材は、無垢の桧(ヒノキ)にこだるのです...










一覧に戻る

お問い合わせはこちら