愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > ぎふメディアコスモス

ぎふメディアコスモス


今日は、岐阜にある、ちょっと気になる建物「ぎふメディアコスモス」を紹介します。みんなの森「ぎふメディアコスモス」は、「地の拠点」の役割を担う市立中央図書館、「絆の拠点」となる市民活動交流センター、多文化交流プラザ及び「文化の拠点」となる展示ギャラリー等からなる複合文化施設です。最大所蔵可能数90万冊、座席数910席を誇り、施設最大の特徴のひとつといえる木造格子屋根を持つ「市立中央図書館」や、活動.発表の場となるスタジオ等を備え、岐阜市の市民活動を積極的に支援する「市民活動交流センター」、展示や発表会、講演会やセレモニーなど多様な使い方ができる「みんなのホール」、「みんなのギャラリー」のほか、国際交流の場となる「他文化交流プラザ」も開設しています。中央図書館では岐阜の山々の稜線を思わせる形状の木造格子屋根から、それぞれのエリアを優しく包みこむ「グローブ」が吊り下げられ、その中は明るい快適な空間となっています。グローブを中心に渦を巻くかのように配置された書棚は、来館者を本の森へと誘います。市民活動交流センターでは何でも相談できるカウンターはもちろん、大小4種類のスタジオは、最大100人収容可能な「考えるスタジオ」や一面鏡張りの「おどるスタジオ」などを備え、使い方は多種多様です。





建築の特徴...自然エネルギーを最大限に活用し、消費エネルギー1/2の建築を実現しました。小さな家としての「グローブ」と大きな家としての「木製格子屋根」が組み合わされることで、ひかりや温熱環境の省エネルギー化に寄与しています。半透明で大きく、床から浮かんだ逆さまの漏斗形状のかさを「グローブ」と呼びます。グローブは上部トップライトからの自然光をおだやかに室内に拡散させます。また、夜にはグローブ内に設けられた照明のシェードにもなります。グローブは上部に設けられた開閉式の水平窓を開けることで、自然な風の流れを生み出します。機械による空調ではなく、エネルギーをかけずに2階の大空間を換気することができます。





木格子屋根...木製の格子状の屋根は、ただの仕上げ材ではなく、構造材として働いています。この屋根は、120mm✖️20mmという街中で流通しているようなサイズのヒノキ材を現地で積み重ねていくことでつくられました。最も分厚いところで、この材料を3方向に7枚ずつ、合計21枚積み重ねています。それぞれの層は職人の手作業により、接着剤とビスを用いて強固に取り付けられています。グローブ上部でむくりあがったような全体の曲面形状は、木材に特別な難しい加工をすることなく、そのしなりを活かして、現地で形状になじむように積み上げられながらつくられました。これらのヒノキ材は全て、岐阜の県産材である「東濃ヒノキ」が使われています。





...木製の格子状の屋根でつくられた大空間は見応え十分です...この施設、2020年度一級建築士、建築計画の試験問題にも出ていたそうです...是非見に行ってみてください...お勧めします...














一覧に戻る

お問い合わせはこちら