愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 木造建築はもえやすいか?

木造建築はもえやすいか?


木造の家は火事に弱いと言われますが、これもかなり思い込みで言ってもいるような感じがします。木造の家はそんなに火事に弱いものではありません。木は燃えるものですが、決して燃えやすいものではないのです。キャンプや何かで木を集めて燃やしたことがある人はわかると思うのですが、ちょっと太い木になるとなかなか火がつきません。最初は紙とか枯れ草とか、燃えやすいもので小さな火を起こしておいて、それから太い木に徐々に火を移していきます、それが焚火の基本です。だから、太い木の柱に火をつけようとしても、そう簡単に火がつくものではありませんし、万一火がついたとしても本格的に燃え始めるまでには相当な時間がかかります。また、土壁ということになると、ますます燃えにくいわけです。ただし、石油から作ったような建材は、ものによっては木よりもずっと燃えだすのが早かったりします。また、これもものによっては危ないガスまで出てきてしまいます。本格的な木造の家(無垢の木と自然素材の家)だったら、たとえ燃え出したとしても、本当に手がつけられなくなるまでには時間がかかるから、逃げる余裕もあります。...火がつきにくい木の性質を生かして作ってあげれば、木造の家のほうが火事になる確率は低いというのが本当のところだと思います。...










一覧に戻る

お問い合わせはこちら