愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > ライフステージで変化する子供部屋

ライフステージで変化する子供部屋


子供の成長とともに子供部屋の使い方は変化します。子供が個室を必要とする期間は意外と短いものです。新築時は構造の許す限り間仕切り壁を最小限にとどめ、広く開放的な多目的空間にすることをおすすめします。将来、子供の成長や人数に合わせて仕切ることができます。子供が巣立った後は、夫婦それぞれのパーソナルスペースにしてもよし、客室にしてもよし。ライフステージの変化に柔軟に対応できる子供部屋にしましょう。





幼児期、親の目の届く所で遊ぶ...安全にハイハイ、ヨチヨチ歩きができる広い空間で親子一緒に遊びまず。子供はこの時期の親子の絆を基盤にして成長します。個室は時期尚早、まずは専用のおもちゃ箱で、自分のものに責任を持たせる練習を、成長に合わせて壁や家具で仕切ります。





小学校低学年までは、宿題は家族のそそばで...専用の机を用意して、自分の領域を管理する意識を持たせましょう。例えば、ダイニングの横に学習コーナーを設け、親は家事をしながら子供の様子を見守ることができます。





小学校高学年になれば、1人になりたい時は子供部屋へ...子供が自分の世界を持ち始めたら自立の準備、プライバシーを尊重する環境を整えましょう。必要以上に広く快適な子供部屋は考えもの、出てこなくてなります。我が子を個人として認めて、親子の信頼が有れば、鍵は必要ありません。無断で入らない、必ずノックをする、などのルールを家族で決めましょう。






一覧に戻る

お問い合わせはこちら