愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 室内に物干しスペースをつくる

室内に物干しスペースをつくる


生活スタイルの変化や花粉対策で、洗濯物を室内に干すことが増えてきました。でも、洗濯物を室内に干すと思いのほか場所を取られるものです。突然の来客に、洗濯物をあわてて片付けて、などとならないように、生活動線に支障がない場所で、かつ便利な家事動線上に、設計打合せ段階から計画し、スペースを確保することが重要です。普通の家なら、日当たりのよい窓際などが良いでしょうが、「雨楽な家」は、無垢の木と漆喰の効用で、日当たりなどは考えなくても良いので、設計計計画はしやすいと思います。





動線上や吹抜けやロフトの一部を利用するなど、物干しだけのスペースを確保しようとするのではなく、ほかの用途と重ねて計画するのが良いのででは...最近では、取り外しのできる物干し掛けや収納できるワイヤータイプのものなどがあるので、物干しスペースが取れない場合は、そういう物干しを設置しておき、必要な時だけ取り付けて使うようにしている方もいます...「雨楽な家」はとにかく洗濯物がよく乾く、かつ匂いもない、漆喰の効果でしょうか...OB施主からよく聞く話です...














一覧に戻る

お問い合わせはこちら