愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 夏も快適に過ごせる住まい

夏も快適に過ごせる住まい


家の作りやうは、夏をむねとすべし...これは、徒然草の有名な一節です。この後は「冬は、いかなる所にも住まる。暑さ比わろき住居は堪え難きことなり。」と続きます。徒然草は鎌倉時代末期の1330年頃に吉田兼好法師によりまとめられたものとされていますが、そんな頃も日本の夏の暑さは堪え難いものだったようです。





日本の住まいの夏の対策...高性能な住宅設備も頼りになりますが、住まいづくりの際には、日本の夏を快適に過ごす為に考えられた伝統の家づくりの技や工夫、通風を意識した間取り等を上手に取り入れて、より良い住環境を目指したいものです。





高い陽射しを遮る深い軒...日本家屋の特徴の一つでもある庇や深い軒は、夏は高い陽射しを遮り、冬の低い陽射しを迎え入れ、家を快適にしてくれます。夏場は軒下を利用してよしずやすだれ、サンシェードを設置すると、外からの風を通しながら遮熱効果を増すことができます。





障子やふすまを開け放てば、部屋が繋がり、家全体に風の通り道をつくり出せます。熱や湿気を一ヶ所に滞らせません。





畳表の起状やわずかな隙間、いぐさのスポンジ状になった内部に空気の層が出来ることで断熱効果が生まれて、爽やかな質感を保ちまず。





...高温多湿な日本の気候...夏を涼しく過ごすことは、昔も今も変わらぬテーマのようです...最近の猛暑の中でも、エアコンありきの高性能住宅ではなく、エアコンに頼ることなく涼しく過ごせる、高性能住宅があったら...










一覧に戻る

お問い合わせはこちら