愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 名古屋城

名古屋城


木造で建て替える計画が中断してからかなり経ちますがその後どうなっているのでしょうか?石垣の強度がないためだそうですが...中止になるのでしょうか?名古屋城の歴史に触れて見ます。





駿河今川氏が戦国時代に築城したのがはじまり。その後、関ヶ原の合戦を制した徳川家康が旧城跡を拡大して築城を命じ、加藤清正をはじめとする西国の大名20家が築城にかかわりました。城郭構造は悌郭式平城。城跡は国の特別史跡に指定されています。天守は連結式層塔型五層五階地下一階、銅瓦葺き(どうかわらぶき)、昭和34年(1959年)に鉄骨鉄筋コンクリート造りで復興、外観復元されました。





現存する隅櫓3棟(東南隅櫓、西北隅櫓)、門3棟(表ニ之門、旧二之丸東二之門、一之丸大手ニ之門)は国の重要文化財に指定されています。





...単純に考えて、元々、木造の天守閣が建っていた石垣に、鉄骨鉄筋コンクリート造で復元したため石垣に負担がかかってしまったのでは...









...単純に考えて、元々、木造の天守閣が建っていた石垣の上に、鉄骨鉄筋コンクリート造で復元したため石垣に負担がかかってしまったのでは...は...


一覧に戻る

お問い合わせはこちら